一般財団法人 保安通信協会

サイトマップ

保安通信業務

調査研究業務

概要

保安通信協会では、公共の安全の向上に貢献できる調査研究テーマを取上げ、最新の電子通信、情報技術等を活用したソリューションを提供するために、「調査研究部会」を設置し、官民協力 のもとに調査・研究・開発に取り組んでいます。

調査研究テーマ

平成24年度から5箇年計画で、下記の二つのテーマに重点を置いて調査研究を進めています。

① 事件、事故、災害時等における画像等新技術の活用に関する調査研究

事件、事故、災害時等において、携帯電話、デジタルカメラ等で撮影した現場の映像、センサーからの情報等を関係各法執行機関において効果的かつ効率的に活用するための緊急通報システム、映像活用システム、ビッグデータ収集・検索等最新技術について調査研究を行っています。

② デジタル・フォレンジックに関する調査研究

デジタル・フォレンジックの分野における専門家の育成についての調査研究を行っています。

調査研究部会

一般財団法人 保安通信協会では、調査研究を進めるにあたり、「調査研究部会」を設置し、さらにその下に調査研究テーマごとに「分科会」を設けて、官民協力端の技術、製品等に関する情報を、展示会を通じて提供することにより、関係機関の業務の効率化、高度化推進、さらには国民生活の安全、安心の向上に役立つソリューションに関する民間の理解促進等に寄与するものです。

保安電子通信技術 セミナー・展示会

保安通信協会は、保安電子通信技術に関するセミナー開催並びに調査研究成果の関係機関への提言及び紹介を行っています。詳細はこちら >

コンサルティング業務

警察機関、消防機関等に対し通信指令システム、ヘリコプターテレビ中継システム等の整備設計のコンサルティングを実施しています。

保守受託業務

保安電子通信技術に関連する都道府県警察等のヘリコプターテレビ中継システム等の保守業務を受託しています。

トップへ戻る